菅氏、26日に福島訪問 原発視察「復興進める」

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
首相官邸で開かれた復興推進会議であいさつする菅首相(手前右端)。その左は平沢復興相=25日午前
首相官邸で開かれた復興推進会議であいさつする菅首相(手前右端)。その左は平沢復興相=25日午前

 菅義偉首相は25日に官邸で開いた東日本大震災の復興推進会議で、福島県を26日に訪問すると表明した。被災地を訪れるのは就任後初めてで、東京電力福島第1原発などを視察する見通し。菅氏は「『東北の復興なくして日本の再生なし』。安倍政権のこの方針を継承し、現場主義に徹して復興をさらに前に進める必要がある」と強調した。

 会議は全閣僚がメンバー。16日の初閣議で決定した内閣の基本方針には震災や原発事故に関する記述が全くなかったが、菅氏はこの日の会議で「全員が復興大臣であるとの認識の下に行政の縦割りを排し、前例にとらわれず、被災地復興に全力を尽くしてほしい」と指示。被災地軽視との見方を打ち消す形となった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 823 文字 / 残り 523 文字)