塗装作業中に足場から転落し死亡 横手の大松川ダム

会員向け記事
お気に入りに登録

 25日午後2時45分ごろ、秋田県横手市山内大松川字木戸口の大松川ダムで、放水ゲートの塗装作業をしていた湯沢市西愛宕町の会社員の男性(53)が、高さ約4・5メートルの足場からコンクリート面に転落した。男性は頭などを強く打ち、搬送先の病院で約2時間55分後に脳挫傷で亡くなった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 243 文字 / 残り 105 文字)

同じジャンルのニュース