「Jへの信用落とした」 入場者数水増しに厳しい声

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
19日の試合後、入場者数を水増ししていた問題をサポーターに謝罪する岩瀬社長=秋田市のソユースタジアム
19日の試合後、入場者数を水増ししていた問題をサポーターに謝罪する岩瀬社長=秋田市のソユースタジアム

 サッカーJ3のブラウブリッツ秋田(BB秋田)が2014年から19年のホームゲーム85試合で、入場者数を水増ししていたことが発覚した。Jリーグの他クラブからは「入場者数は最も重要な指標」「数字を操作することは考えられない」と厳しい声が上がっている。

 BB秋田と同時にJ3に参入した長野のフロントスタッフによると、J3創設時に各クラブの運営担当者を集めた会議が開かれ、規約などの説明を受けた。その後、長野はクラブ内で情報を共有し、共通理解を図っているという。

 別のJ3クラブのスタッフは「入場者の発表、報告はルールに基づいて行うもの。ルールを理解しないまま数字を操作することは、考えられない」とBB秋田の説明を疑問視する。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1340 文字 / 残り 1030 文字)

秋田の最新ニュース