菅首相が福島第1原発など視察、就任後初の出張

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
東京電力福島第1原発を視察し、浄化処理した汚染水を手にする菅首相=26日午後(代表撮影)
東京電力福島第1原発を視察し、浄化処理した汚染水を手にする菅首相=26日午後(代表撮影)

 菅義偉首相は26日、東日本大震災の被災地を視察するため福島県を訪問した。首相就任後、出張は初めて。東京電力福島第1原発を車中や高台から視察し、廃炉作業の進捗(しんちょく)状況を確認した。初出張先として福島県を選ぶことで、復興に全力で取り組む姿勢を強調する狙いがあるとみられる。平沢勝栄復興相と内堀雅雄知事が同行した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 463 文字 / 残り 304 文字)

同じジャンルのニュース