ホストタウン能代市の児童 ヨルダン国旗持ち応援動画収録

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ヨルダン国旗を手に笑顔で動画を撮影する浅内小の5年生
ヨルダン国旗を手に笑顔で動画を撮影する浅内小の5年生

 来年開催予定の東京五輪・パラリンピックでヨルダンのホストタウンとなっている秋田県能代市が、同国選手への応援動画を制作している。市のホストタウンの取り組みを広く知ってもらう狙いで、年内に内閣官房東京五輪・パラリンピック推進本部の専用サイトで公開する。25日は浅内小学校の5年生児童17人が収録に臨んだ。

 動画は約1分30秒。浅内小児童のほか、能代一中生徒会、能代松陽高空手部、市のホストタウン実行委員会メンバー、二ツ井町観光協会などがそれぞれ約10秒間出演し、激励メッセージを送る。撮影は今月末まで。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 619 文字 / 残り 369 文字)

秋田の最新ニュース