ラグビー楽しい! 大館・上川沿小、秋田NB選手らが夢授業

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
 ソフトマットに飛び込んでトライのシーンを演じる児童
ソフトマットに飛び込んでトライのシーンを演じる児童

 社会人ラグビーの秋田ノーザンブレッツ(秋田NB)による「スポーツ夢授業」が25日、大館市の上川沿小学校で行われた。5、6年生計64人が、コーチや選手の指導を受けながら競技を体験した。スポーツの楽しさと、夢を持って努力する大切さを伝えようと、秋田NBや市などが主催し、地元企業が協賛。12月まで市内計10小学校で開く。

 秋田NBからは大館市出身の花岡伸明チームディレクター(TD)のほか、コーチと外国人選手ら計4人が指導に当たり、県のスポーツ国際交流員も参加した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 738 文字 / 残り 506 文字)