ナガマツ、10月に久々の大会へ 連係確認、調子は上向き

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
連係を確認する永原(左)と松本
連係を確認する永原(左)と松本

 来夏の東京五輪開幕まで300日を切った。バドミントン女子ダブルスの日本代表で東京五輪への出場が確実となっている北都銀行の永原和可那・松本麻佑組は、来月13日からデンマークで行われるワールドツアー「デンマーク・オープン」に向けて調子を上げている。

 大会出場は今年3月の全英オープン以来となる。25日に秋田市御所野の県中央シルバーエリア体育館で練習を公開した2人は「自信を持って大会に臨めるようしっかり調整する」とアピールした。チームメートを相手にシャトルを打ち合い、互いの動きや連係を確認するなど約3時間、汗を流した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 682 文字 / 残り 423 文字)

同じジャンルのニュース