プログラミング使い、初のバーチャル花火大会 大仙市の団体

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
本県から審査員特別賞に選ばれた藤田君の作品の一場面
本県から審査員特別賞に選ばれた藤田君の作品の一場面

 秋田県大仙市で子ども向けのプログラミング教室を開いている市民団体「神岡ICTラボ」が、発足2年目を迎え活動の幅を広げている。全国の小学生を対象にしたコンテスト「全国バーチャル花火競技大会」をこのほど初めて開催。地方の子どもたちにもプログラミングに親しんでもらおうと奮闘している。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 955 文字 / 残り 815 文字)

秋田の最新ニュース