アートで冬を熱く 秋田、仙北両市で来年1月にイベント

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
本番に向けて意気込む左から富橋信孝・実行委事務局長、三浦会長、出演を予定しているダンサーの加賀谷葵さん
本番に向けて意気込む左から富橋信孝・実行委事務局長、三浦会長、出演を予定しているダンサーの加賀谷葵さん

 秋田、仙北両市で来年1月、「ジャパン・ライブエール・プロジェクトinあきた」と題した文化芸術イベントが開かれることになった。新型コロナウイルスの影響で、自粛を余儀なくされている県内の文化芸術活動を後押しするのが狙い。実行委員会が28日、県庁で会見し発表した。

 文化庁と日本芸能実演家団体協議会(芸団協、東京)、本県を含む27都道府県の実行委が全国各地で行うイベントの一環として実施。費用は同庁の補助金を活用する。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 658 文字 / 残り 451 文字)

秋田の最新ニュース