ノーベル賞候補・遠藤章さんの功績学んで 道の駅東由利

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
遠藤さんの功績をまとめたポスターや写真などが並ぶ展示コーナー
遠藤さんの功績をまとめたポスターや写真などが並ぶ展示コーナー

 秋田県由利本荘市東由利の道の駅東由利にあるショッピングセンター「ふれあいプラザぷれっそ」内で、ノーベル賞の受賞候補とされている東由利出身の応用微生物学者、遠藤章さん(86)=東京農工大特別栄誉教授=に関する特別展示が行われている。来月11日まで。

 遠藤さんは、血中コレステロール値を下げる作用がある物質「スタチン」を発見し、高脂血症治療薬の開発につなげた。2008年には、ノーベル賞の登竜門といわれる米医学界最高賞のラスカー賞を受賞している。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 458 文字 / 残り 236 文字)

同じジャンルのニュース