県産ダリア、みずみずしいうち東京へ こまち試験輸送

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
こまちに積み込まれる直前の本県産「NAMAHAGEダリア」
こまちに積み込まれる直前の本県産「NAMAHAGEダリア」

 JR東日本秋田支社(秋田市)は29日、秋田新幹線こまちを利用して県産ダリアを秋田駅から東京駅に運ぶ試験輸送を行った。4時間近く掛けて輸送され、東京駅構内で行われたイベントで販売された。

 同支社の試験輸送は3回目。昨年12月には県産のマイタケやセリを、今月24、25日には県産エダマメをそれぞれこまちで輸送。今回は県オリジナル品種「NAMAHAGEダリア」のブーケ40束を運んだ。

 JR秋田支社によると、ダリアは東京駅構内の商業施設「グランスタ東京」で行われた本県特産品などのPRイベントで販売され、完売した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 593 文字 / 残り 338 文字)