県、10月1日から往来制限緩和 首都圏など8都府県と

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田県庁(資料写真)
秋田県庁(資料写真)

 秋田県は29日、新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開き、首都圏など8都府県との往来制限を10月1日から緩和することを決めた。政府の観光支援策「Go Toトラベル」の対象に東京発着の旅行が追加されることを踏まえた。

 現在は東京、埼玉、千葉、神奈川、愛知、大阪、福岡、沖縄の8都府県との往来について、「真にやむを得ない場合を除き、当面控えるよう強くお願いする」としている。

 引き続き、首都圏などを訪れる際は現地の状況に注意を払い、スマートフォンの新型コロナ接触確認アプリ「COCOA(ココア)」の活用や、感染防止策をしていない施設の利用回避を求めた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 496 文字 / 残り 220 文字)

秋田の最新ニュース