配信禁止は法律権限越えると判断 米連邦地裁、TikTok訴訟

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
動画投稿アプリ「TikTok」のロゴ(AP=共同)
動画投稿アプリ「TikTok」のロゴ(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】米首都ワシントンの連邦地裁は、27日に差し止めたトランプ米政権による中国系動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の配信禁止措置が、法律の権限を越える可能性が高いと判断していた。地裁が28日、判断理由を開示した。

 開示によると、禁止措置の根拠は、緊急時に経済に関する権限を大統領が握ることを認める「国際緊急経済権限法」。ニコルズ判事は、今回の措置が同法の対象外の「個人的なコミュニケーション」などに当たるとみられると判断した。

 またニコルズ判事は「ティックトックの脅威の具体的な証拠は乏しい」と指摘した。