実在しない国番号から「振り込め詐欺」 秋田市の女性も被害

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
実在しない国番号「+83」「+422」からの着信履歴(画像の一部を加工しています)
実在しない国番号「+83」「+422」からの着信履歴(画像の一部を加工しています)

 実在しない国際電話番号から国内携帯電話への着信が、今月に入り急増したことが29日分かった。通話に中国語が使われ、在日中国人を狙った「振り込め詐欺」とみられるが、日本人への着信も多い。約400万円の被害も出ており、専門家は不審な電話に応対しないよう呼び掛けている。

 全国の警察などから迷惑電話番号の提供を受けて対策を取る「トビラシステムズ」によると、8月ごろから存在しない国番号「+83」や「+422」から始まる不審な番号からの着信が確認されるようになり、9月には5千回以上来た日もあった。

 実際に出た人らによると、中国大使館を名乗った中国語の自動音声が聞こえることが多い。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 788 文字 / 残り 501 文字)