外旭川にスタジアム、商業施設実現を 4団体、市長に要望書

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田市の外旭川地区振興会(中村茂会長)など4団体は29日、同地区のまちづくりに関し、市卸売市場の建て替えや新スタジアム整備、大規模複合商業施設開発構想の早期実現を求める要望書を穂積志市長に提出した。

 要望では、JR奥羽線の新駅「泉外旭川駅」が来年3月に開業を控えていることに触れ、スタジアム整備や商業施設開発構想を外旭川地区で実現させることを、市が本年度策定する次期総合計画と総合都市計画に盛り込むよう求めている。新型コロナウイルスの影響による経済の悪化を踏まえ「活気あるまちづくりを目指し、アフターコロナを見据え早急に議論することが望まれる」とした。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 608 文字 / 残り 331 文字)