8月の熱中症搬送4万3060人、過去最多 本県は297人

会員向け記事
お気に入りに登録

 総務省消防庁は29日、熱中症のため8月に救急搬送されたのは全国で4万3060人だったとの確定値を発表した。猛暑が影響し、集計を始めた2008年以降、8月としては過去最多となった。搬送時に死亡が確認されたのは81人だった。

 本県の搬送者数は前年より26人少ない297人で、このうち死亡は1人、重症8人、中等症91人、軽症197人だった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 395 文字 / 残り 226 文字)