豊岡小の空き校舎どうする? 児童が活用策を提案

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
統合のため本年度で閉校する豊岡小学校の校舎
統合のため本年度で閉校する豊岡小学校の校舎

 統合により本年度で閉校する秋田県大仙市の豊岡小学校(新田義孝校長、70人)の児童が、来年度以降の空き校舎をどう活用するか授業で考え、▽子ども向け施設▽スポーツ施設▽放課後児童クラブ―の3案をまとめた。市はこれらの案も参考に活用策を考える。

 市は、児童数が減り続けている中仙地域の学校を再編し豊岡、豊川の2小学校を統合。来年度は豊川小の校舎に「豊成小学校」が開校する。1983年に完成した豊岡小の校舎は空き校舎となるため、市が本年度中に活用の方向性を示す。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 992 文字 / 残り 764 文字)

秋田の最新ニュース