今年のシャインマスカット、甘さ十分! JAふるさとが品評会

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
大粒の種なしで皮ごと食べられるシャインマスカット
大粒の種なしで皮ごと食べられるシャインマスカット

 JA秋田ふるさと(本所横手市)ぶどう無核会の農家が収穫した高級ブドウ「シャインマスカット」の品評会が29日、同市駅前町のよこてシャイニーパレスで行われた。農家27人が1点ずつ出品。最高賞の県平鹿地域振興局長賞に同市大沢の佐々木吉一さん(70)が選ばれた。

農家の自信作27点を審査したシャインマスカット品評会


 同JAと、種なしブドウの栽培を進める同無核会の主催。栽培技術と生産意欲の向上を図ろうと開いており、今年で3回目。

 県や県果樹試験場、JA、市場の担当者7人が審査。房の形、粒のそろいや大きさ、皮の色などを確認した。出品作は審査員から「粒の張りが良くボリュームがあり、糖度は基準をクリアしている」と高い評価を得た。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 628 文字 / 残り 344 文字)

同じジャンルのニュース