狩猟の魅力や狩猟者の必要性アピール、由利本荘市でイベント

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
模擬銃を構えて楽しむ子どもたち
模擬銃を構えて楽しむ子どもたち

 「狩猟の魅力まるわかりフォーラム」が27日、秋田県由利本荘市岩城の県立総合射撃場で開かれ、銃と猟具の紹介やジビエ料理、パネル展示などを通じ、狩猟の方法や野生動物の適正管理の必要性をPRした。県と県猟友会の主催。

 会場には模擬銃やわな猟具を展示し、猟友会員が銃の構造や弾の詰め方、わなの仕組みなどを説明。参加者たちは試しに模擬銃を構え、「結構重い」などと話した。ジビエ料理コーナーでは、シカやイノシシの肉を使ったカレーが振る舞われた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 699 文字 / 残り 482 文字)

同じジャンルのニュース