鹿角のクマ、今度はクリに手出す? 八幡平の畑で20個食害

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ツキノワグマ(資料写真)
ツキノワグマ(資料写真)

 30日午後2時ごろ、秋田県鹿角市八幡平字坂元の畑で、クリの実約20個が食い荒らされているのを通り掛かった猟友会会員が見つけた。

 鹿角署は現場の状況から、クマがクリの木の枝を折って実を食い荒らしたとみて、付近に注意を呼び掛けた。直近の民家まで約100メートル。

秋田の最新ニュース