登校風景、落ち着いた色合いに 県内学校「衣替え」【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
紺色のブレザーを着て登校する高校生=1日午前8時ごろ、秋田市土崎港南
紺色のブレザーを着て登校する高校生=1日午前8時ごろ、秋田市土崎港南

 「衣替え」の1日、秋田県内の多くの学校では白を基調とした夏服から、紺や黒といった落ち着いた色合いの冬服に切り替わった。

 秋田市土崎港南の秋田中央高校(尾形徳昭校長、621人)では同日から冬服に完全移行した。曇り空で少し肌寒い中、午前7時半すぎから生徒が続々と登校。男女ともに紺色のブレザーに身を包み、教員と「おはようございます」とあいさつを交わしながら校舎に入っていった。

 秋田地方気象台によると、午後5時までの秋田市の最高気温は20・8度、最低気温は13・9度で、いずれもほぼ平年並みだった。

秋田の最新ニュース