ハピネッツ・進化の年に(中)感染対策 声援の代わりを模索

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
プレシーズンゲームでは、観客がマスクを着け大声を出さないなどの感染予防対策が取られた=9月21日、由利本荘市のナイスアリーナ
プレシーズンゲームでは、観客がマスクを着け大声を出さないなどの感染予防対策が取られた=9月21日、由利本荘市のナイスアリーナ

 9月21日に由利本荘市のナイスアリーナで行われた、バスケットボール男子Bリーグ1部・秋田ノーザンハピネッツのプレシーズンゲーム。観客は市松模様のように間引かれた席に座り、全員がマスクを着用した。

 声を張り上げることはなく、BGMに合わせ手拍子でリズムを取る。好プレーには、自然と拍手が湧き上がった。新型コロナウイルス感染拡大を防ぐためリーグ規定の下での新しい観戦スタイルだ。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 862 文字 / 残り 674 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース