さよなら百宅(2)営み 実りの季節、実感できず

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
雑草で覆われた田んぼの前に立つ村上さん夫婦=8月24日
雑草で覆われた田んぼの前に立つ村上さん夫婦=8月24日

 田畑は雑草が伸び、ソバ畑の白い花も、こうべを垂れた稲穂も、今年の百宅(ももやけ)地区では見られない。移転が間近に迫り、作付けを控えたためだ。

 「一年でこんなに荒れ果てるのか。なんだか寂しいね」。住民の村上武さん(78)、良子さん(79)夫婦がつぶやいた。

 百宅は標高400メートル、四方を山に囲まれた盆地に広がる集落。山菜やキノコが豊富に採れたが、雪に閉ざされる期間が長く、農業や交通の面でハンディは大きかった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1079 文字 / 残り 872 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース