大館市と元業務委託先が和解 扇田病院着服事件

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
大館市立扇田病院(資料写真)
大館市立扇田病院(資料写真)

 秋田県大館市立扇田病院の着服事件を巡り、市が元業務委託先の東北ビル管財(同市)と同社元従業員に約1億5千万円の損害賠償を求めた訴訟は1日、地裁大館支部(川﨑学裁判長)で同社との和解が成立した。同社が使用者責任を認め解決金約1億2千万円を支払う。元従業員との間の訴訟は継続中で、15日に判決が出る見通し。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 526 文字 / 残り 374 文字)

秋田の最新ニュース