日本経済、本格回復に時間 9月短観改善も、続く低水準

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
日本銀行本店
日本銀行本店

 日本経済が新型コロナの影響を克服し、本格回復するには時間がかかるとの見方が広がっている。日銀が1日発表した9月の短観は、大企業製造業の業況判断指数(DI)が7ポイント上昇のマイナス27と2年9カ月ぶりに改善したが、歴史的な低水準にとどまった。

 通信や情報サービスは好調な半面、宿泊や飲食は低迷が続く。

 大企業製造業DIの3カ月後の予測は、自動車は33ポイント上昇のマイナス28、鉄鋼は30ポイント上昇のマイナス25と、大幅に持ち直す。

 一方、大企業非製造業の3カ月後の予測は1ポイントの改善にとどまる。宿泊・飲食サービスは6ポイント上昇でもマイナス81だ。