富士通が東証システム障害で謝罪 機器を納入、再発防止に努力

お気に入りに登録

 富士通は1日、東京証券取引所での取引停止の原因となったシステム障害について「当社が納入したハードウエアに障害が生じ、多くの関係者に多大な迷惑をかけ、おわびする」との声明を出した。今後、東証と連携して再発防止に努めるという。

 東証は故障した機器を富士通に持ち込んで原因を調べている。調査結果や障害発生の経緯などに関しては今後富士通が詳細を発表することは控え、東証が公表する。