菅首相、学術会議推薦候補任命せず 政府に異論の学者ら6人

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 学術の立場から政策を提言する政府機関「日本学術会議」が推薦した新会員候補のうち、法律学者ら6人の任命を、菅義偉首相が見送ったことが1日分かった。加藤勝信官房長官が記者会見で明らかにした。6人のうち1人は共謀罪の趣旨を盛り込んだ改正組織犯罪処罰法に反対していた。政府方針に異論を唱える学者を排除した形で、学問の自由に関する人事介入として、波紋を広げる可能性がある。
 
 現在の制度になった2004年度以降、推薦候補が任命されなかったのは初めて。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 777 文字 / 残り 556 文字)

秋田の最新ニュース