「感謝の気持ち伝えたい」 親子2人、アトリエ最後の企画展

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
鮮やかな作品が目を引く「親子二人展」
鮮やかな作品が目を引く「親子二人展」

 絵画や木製品に絵を描いた「トールペイント」やステンドグラスなどの作品が並ぶ「親子二人展」が1日、秋田市外旭川のアトリエTOMOKAで始まった。アトリエは4日に閉店することが決まっており、今回が最後の企画展となる。

 鮮やかな色彩が目を引く約40点の作品は、代表の加賀谷智子さん(56)と長女優花さん(22)が手掛けた。加賀谷さん親子はともに、県展の洋画部門で入選したことがある。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 435 文字 / 残り 246 文字)

秋田の最新ニュース