「カンパイアキタTV」を生配信 酒蔵27社が酒造り語る

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
県酒造協同組合のインターネット番組を見ながら乾杯する日本酒ファン=秋田市山王のコンカドール
県酒造協同組合のインターネット番組を見ながら乾杯する日本酒ファン=秋田市山王のコンカドール

 秋田県酒造協同組合(齋藤雅人理事長)は1日夜、日本酒造組合中央会(東京)が定めた「日本酒の日」に合わせ、動画投稿サイト「ユーチューブ」で番組「カンパイアキタTV」を生配信した。視聴は県内酒蔵30社統一ラベルの日本酒「秋田旬吟醸2020」の購入者限定。全国各地で画面越しの乾杯が行われたほか、酒蔵27社の代表者が酒造りなどについて語った。

 県酒造協同組合は2015年から「秋田の日本酒で乾杯!」プロジェクトを実施し、県産日本酒で同時に乾杯するイベントを県内で開催してきた。今年は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、オンラインイベントを開催。イベント向けに秋田旬吟醸を販売した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 777 文字 / 残り 487 文字)

「秋田旬吟醸2020」動画はこちらから。

秋田の最新ニュース