地方点描:企業の恩返し[大曲支局]

会員向け記事
お気に入りに登録

 縦4センチ、横8センチ。手のひらサイズの小さな機器は大仙市堀見内のタニタ秋田で製造された活動量計だ。通信機能が付いており、歩数や消費カロリーなどのデータは専用サーバーに記録される。

 健康計測機器製造のタニタ(東京)は、この活動量計を市民全員に寄贈し、市と共同で健康づくり事業に取り組む。市内26カ所に体脂肪率や筋肉量などの測定機器も設置。活動量計と通信させると、測定結果はカルテのようにまとめられる。運動や食事など健康管理がしやすくなりそうだ。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 644 文字 / 残り 421 文字)