リモートワーク呼び水に移住促進 県が4千社に調査

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 在宅・遠隔勤務などの「リモートワーク」を活用した移住を促進しようと、秋田県は2日、首都圏の東証上場企業など約4千社を対象としたアンケート調査を始めた。新型コロナウイルス感染症を受けてリモートワークが急速に普及する中、企業側の意向を探り「人材誘致」につなげたい考え。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 847 文字 / 残り 714 文字)