屋台、竿燈、港ばやし… 久しぶりにお祭り気分、秋田駅周辺

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
市内飲食店の屋台が並びにぎわいを見せた芝生広場
市内飲食店の屋台が並びにぎわいを見せた芝生広場

 新型コロナウイルスの影響を受けた飲食店を応援するイベント「秋のあきたグルメフェスタ」が3日、秋田市のエリアなかいちにぎわい広場とJR秋田駅西口の芝生広場で始まった。市内の計34店舗が出店したほか、竿燈など郷土芸能が披露され、来場者は祭り気分を味わっていた。4日まで。

 今年8月に一般開放されたばかりの芝生広場には、焼きそばやギョーザ、フルーツあめなどの屋台が並んだ。昼時にはシートを敷き、家族で楽しそうに飲食する姿が見られた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 871 文字 / 残り 657 文字)

秋田の最新ニュース