ハピネッツ開幕2連勝 古川らベテランが底力、若手の勢いとかみ合う

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 地元での開幕節勝利へ執念をみせる信州に苦戦した秋田だったが、終盤にベテランの安定感と若手の勢いがうまくかみ合った。

 62―64で突入した勝負の最終クオーター。追い上げの流れをつくった守備をより安定させるため、出だしは伊藤駿、保岡龍斗、中山拓哉、古川孝敏のガード陣とセンターのコールビーで臨んだ。狙い通り、足を使った激しい守りで相手は苦し紛れの攻めが目立ち、自分たちのオフェンスにリズムを呼び込んだ。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 564 文字 / 残り 364 文字)

秋田の最新ニュース