抽選になったのに… 利用まだ3割、県プレミアム宿泊券

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
県のプレミアム宿泊券の見本
県のプレミアム宿泊券の見本

 新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けた宿泊業の支援のため、秋田県が発行したプレミアム宿泊券の利用実績が伸びていない。県は5日、発行した40万枚のうち、これまで使われたのは3割の約12万枚にとどまっていると明らかにした。市町村別では3万枚近く利用された自治体がある一方、ゼロの自治体もあり、地域差が目立つ。利用期限は来年2月までとなっており、観光関係者からは今後の利用に期待する声が上がる。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1006 文字 / 残り 809 文字)