時代を語る・桑原功(2)父母の商い見て育つ

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
楢山幼稚園に通っていた頃(後ろから2列目左端)
楢山幼稚園に通っていた頃(後ろから2列目左端)

 戦時色が強まっていた昭和13(1938)年4月、秋田市で生まれました。7人きょうだいの3番目。長男でした。

 父桑原一雄と母タエは、聖霊高等女学校(現聖霊高校)の近くで食料・雑貨店を営んでいました。今の住所でいえば、秋田市南通みその町になるでしょうか。店は自宅を兼ねていたため、商売をする父母の姿を見て育ったことになります。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 771 文字 / 残り 609 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース