戦禍の記憶:記録たどって 大伯父の死、納得できない

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
「比島戦史」を読む工藤さん
「比島戦史」を読む工藤さん

 「残されていたのは、2人の遺影だけ。どちらがどちらかも、分からなかったんです」

 大仙市の看護師・工藤真利江さん(40)が話す。工藤さんの大伯父に当たる打川菊治さんと與市(よいち)さんの兄弟は、いずれも戦争で亡くなった。工藤さんは、この夏、県に軍歴を照会。2人について知ろうと、少しずつ歩みを進めている。

 工藤さんが戦争について考えるようになったのは、小学校4年生の頃だ。

 母方の祖父が亡くなった時、仏壇に飾られた写真から、祖父がかつて海軍に所属していたと知った。

 そして、同居していた父方の祖父・打川三治郎さんから戦争の話を聞いたのも、この頃だった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 2248 文字 / 残り 1972 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース