毒キノコ誤って販売、仙北市西木 3人に腹痛や嘔吐

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県は6日、秋田県仙北市西木町西明寺の直売施設「むらっこ物産館」が4、5の両日に毒キノコの「クサウラベニタケ」を誤って食用の「ハタケシメジ」として販売したと発表した。食べた3人が食中毒とみられる症状を訴えた。両日で計7袋を販売しており、県は食べずに物産館へ連絡するよう呼び掛けている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 487 文字 / 残り 343 文字)

秋田の最新ニュース