AI使い突風探知、羽越線で導入へ JR、気象庁と共同開発

会員向け記事
お気に入りに登録

 JR東日本は6日、人工知能(AI)を使って突風の原因となる上空の「渦」を探知するシステムを気象庁と共同開発したと発表した。11月から羽越線と陸羽西線で導入し、運転規制の判断に活用する。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 371 文字 / 残り 278 文字)

秋田の最新ニュース