県産ダリアを買って応援 秋田市、事業者向けに半額補助

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ダリアの花束を届ける花屋の店員(右)
ダリアの花束を届ける花屋の店員(右)

 新型コロナウイルスの影響で結婚式やイベントの機会が減る中、秋田市は需要が落ち込む県産ダリアの生産農家を支援しようと、事業者がダリアを購入する際に半額を補助する事業を始めた。今月26日の注文分までが補助対象だが、事業費250万円に達した時点で終了する。

 市や県花卉(かき)小売商業協同組合によると、7~9月の県産ダリアの販売額は、前年の同じ時期と比ベ3割ほど落ち込んでいる。本来なら既に出荷盛期を迎えているが、県内や首都圏で冠婚葬祭や人が集まるイベントの中止が相次ぎ、低調に推移しているという。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 693 文字 / 残り 446 文字)

秋田の最新ニュース