滴:記憶(上) 私は上海で生まれた

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
中国の民族衣装を着て記念写真に納まる父千蔵さん。上海で撮影したものとみられる
中国の民族衣装を着て記念写真に納まる父千蔵さん。上海で撮影したものとみられる

 「あなたの生まれた場所は、上海川公路(せんこうろ)瓶慶里(びんけいり)13」

 大井恵美子さん(79)=秋田市東通=は、母にそう聞かされて育った。

 「しゃんはい、せんこうろ、びんけいり13」。幼い頃から口にしてきたその音は体に染み入り、今でもすらすらと言える。

 3歳半まで過ごした上海。その記憶は断片的ながらも、鮮やかに思い浮かぶ。

 住んでいたのは赤れんがの壁に囲まれた日本租界(日本人居留地)。片言の日本語を話す中国人の「ねえや」が恵美子さんの世話をした。広場でぶらんこに乗っていたら、日本人の子どもとそのねえやがやって来た。2人のねえやが話す中国語は、とても早口だった―。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1814 文字 / 残り 1526 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース