秋季東北高校野球組み合わせ決まる 14日から宮城で開幕

会員向け記事
お気に入りに登録

 来春のセンバツ大会につながる第73回秋季東北地区高校野球大会(14~20日・宮城県)の組み合わせが7日、決まった。県勢3校は2回戦から登場し、14日に第2代表の由利工が東北(宮城第2)、第3代表の湯沢翔北は仙台育英(宮城第1)と対戦。15日に第1代表の角館が、鶴岡東(山形第3)と花巻東(岩手第3)の勝者とぶつかる。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 654 文字 / 残り 495 文字)

東北大会の組み合わせはこちら

秋田の最新ニュース