毒キノコ「ツキヨタケ」で食中毒 青森市の60代女性が入院

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ツキヨタケ(資料写真)
ツキヨタケ(資料写真)

 秋田県は7日、鹿角市の実家に帰省していた青森市の60代女性が毒キノコによる食中毒を発症したと発表した。家族が鹿角市内で採取した「ツキヨタケ」を、食用のムキタケなどと誤って食べた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 331 文字 / 残り 241 文字)

秋田の最新ニュース