秋田トークをお座敷で あきた舞妓、ふるさと検定に合格

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田市を中心に活動している「あきた芸者・舞妓(まいこ)」の3人=写真=が、秋田県内の歴史や観光などについて知識を問う「秋田ふるさと検定」の3級に合格した。

 検定は3級から1級まであり、3級の合格率は例年6~7割。芸者の紫乃さん、舞妓の緒叶羽(おとは)さん、佳乃藤(かのふじ)さんのほか、3人の所属会社「せん」(秋田市)の社員2人も3級に挑戦した。

 先月18日、5人全員に合格の知らせが届いた。紫乃さんは「一丸となって勉強を進めるのが楽しかった。お座敷の際にお客さまとの会話のきっかけになると思う」と話した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 313 文字 / 残り 59 文字)

秋田の最新ニュース