中山新主将、自覚胸に日本一狙う ハピネッツ在籍5季目

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
信州との開幕第2戦でシュートを放つ中山。主将としてチームを引っ張り連勝スタートを飾った=4日、長野市ホワイトリング
信州との開幕第2戦でシュートを放つ中山。主将としてチームを引っ張り連勝スタートを飾った=4日、長野市ホワイトリング

 バスケットボール男子Bリーグ屈指のディフェンダーが、1部(B1)東地区秋田ノーザンハピネッツをけん引する。今季から主将に就いたガード中山拓哉(26)は、激しい守備が生命線のチームにとって欠かせない選手に成長。在籍が最長の5季目となったチームの顔は「常に前を向いて周りを鼓舞し、秋田を元気にするようなプレーで日本一を狙う」と語り、リーダーの自覚を胸にシーズンに入った。

観客引きつける守備


 中山が試合でボールを持った相手をマークすると、「何か起こるかもしれない」とわくわくするファンは多い。距離を詰めて動きを止め、一瞬の隙を突いてボールに手を出す。ファウルぎりぎりのプレーでスチールを重ねる姿に、人気アニメ「ルパン三世」と掛け合わせて「怪盗タクちゃん」と呼ぶファンもいる。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1454 文字 / 残り 1119 文字)

秋田の最新ニュース