9月県議会、コロナ対策予算可決 「芸術劇場」請願不採択

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
県議会議場(資料写真)
県議会議場(資料写真)

 9月秋田県議会は最終日の8日、本会議を開き、新型コロナウイルス対策の事業費を盛り込んだ2020年度一般会計補正予算案や教育委員の任命案など30件を可決、認定、同意した。

 県と秋田市が共同で建設中の「あきた芸術劇場」(22年6月開館予定)の中ホールに収納式音響反射板の設置を求める請願は、賛成少数で不採択とした。県管弦楽連盟(羽川武代表)が提出していた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 722 文字 / 残り 545 文字)

秋田の最新ニュース