県内2空港からの2次交通、料金を助成 レンタカーやバス、乗り合いタクシー

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田空港のバス乗り場に並ぶリムジンバス
秋田空港のバス乗り場に並ぶリムジンバス

 新型コロナウイルスの影響で激減した空港利用者数の回復を目指し、秋田空港(秋田市)と大館能代空港(北秋田市)で、空港からのレンタカー代など2次交通にかかる料金や観光施設の入場料を助成するキャンペーンが今月から始まった。2021年2月末までの予定だが、県の事業費約2700万円がなくなり次第終了する。

 キャンペーンは秋田空港、大館能代空港の各利用促進協議会が実施。旅行会社の「ANAセールス」(東京)と「ジャルパック」(同)がネット販売している航空券と宿泊を組み合わせた旅行商品に、2次交通のオプションを付けて購入すると割引を受けられる。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1816 文字 / 残り 1548 文字)

秋田の最新ニュース