ナマハゲ、レジ周りでにっこり オガーレ、園児の絵飾る

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
レジ周りを彩るさまざまな表情のナマハゲの絵
レジ周りを彩るさまざまな表情のナマハゲの絵

 秋田県男鹿市複合観光施設「オガーレ」(道の駅おが)は、新型コロナウイルスの感染対策としてレジ周りに設けたビニールシートに、今月から地元の園児が描いたナマハゲの絵を飾り、買い物客を楽しませている。

 オガーレを運営する「株式会社おが」が、コロナ禍で沈みがちな地域住民の心を元気づけ、混雑時の待ち時間も子どもたちの絵を眺めて和んでもらおうと企画。若美幼稚園と船越、脇本の両保育園、認定こども園船川保育園の協力を得て、計100人を超える園児の多彩なナマハゲがレジ4台の周辺を彩っている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 482 文字 / 残り 242 文字)

秋田の最新ニュース