比内地鶏の産地大館、減産にあえぐ コロナ禍、需要見通せず

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
4割減産で使われなくなった齋藤さんの畜舎=大館市岩瀬
4割減産で使われなくなった齋藤さんの畜舎=大館市岩瀬

 新型コロナウイルス感染拡大による消費低迷で苦境に立つ秋田県特産の比内地鶏。県内生産量全体の4割を占める主力産地の大館市では、今春から続く減産が飼育農家を直撃している。消費回復を目指し官民挙げた支援が展開され、過剰在庫はほぼ解消されたが、新型コロナの収束は依然見通せず今後の需要動向は不透明だ。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1022 文字 / 残り 874 文字)

秋田の最新ニュース