TDK、日本製紙石巻下し決勝進出 都市対抗野球2次予選

お気に入りに登録

 第91回都市対抗野球2次予選東北大会第4日は10日、福島市のあづま球場で準決勝を行い、秋田県第1代表のTDKが日本製紙石巻(宮城第3)に1―0で競り勝ち、決勝に進んだ。同市の信夫ケ丘球場で予定されていた敗者復活の第2代表決定トーナメント2回戦は、雨のため11日に順延された。

 TDKは7年ぶりの本大会出場を懸け、13日の決勝でJR東日本東北(宮城第1)と対戦する。大会は新型コロナウイルス感染防止のため、無観客で行われている。

▽準決勝

日本製紙石巻
000000000|0
100000000|1
TDK

 TDKは鈴木、小木田のリレーで日本製紙石巻打線を2安打に抑え投手戦を制した。

 一回、TDKは1死から植村、青木の連続安打で一、二塁とすると、深江が左前に運び1点先制。鈴木は序盤から直球と変化球のコンビネーションがさえ、八回途中まで9奪三振の好投を見せた。八回2死一、三塁のピンチは救援した小木田が後続を退けた。

 日本製紙石巻は打線が沈黙。好投の塚本を援護できなかった。

▽準決勝
JR東日本東北 2―0 きらやか銀行
(宮城第1)      (山形)

秋田の最新ニュース