Q&A:台風の正体は?

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 Q 台風発生のニュースを聞くようになったね。台風ってそもそも何?

 A 入道雲を見たことはありますか。もくもくと空に上っていくような雲です。これは積乱雲といって、ものすごい雨を降らせます。

 積乱雲が北西太平洋や南シナ海といった日本の南の暖かい海の上に集まり、周辺の風の力で渦を巻くことがあります。上から見ると渦は時計の針とは反対回りです。渦の中の風が強くなったものを「台風」と呼びます。

 Q どのぐらいの強さなの?

 A 風は強く吹くこともあれば、弱く吹くこともあります。気象のニュースで耳にする「風速」は、観測時刻までの10分間で吹いた風の平均のことで、毎秒何メートルで表します。この最も強いものを「最大風速」といい、約17メートルになれば台風です。どんどん風速が強まると「強い台風」「非常に強い台風」「猛烈な台風」に変わっていきます。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 973 文字 / 残り 605 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース